【残念】売れないブロガーの5つの思考パターン

売れるブロガーが10%いるとして、残り90%は売れないブロガーである。

売れないブロガーのほうが圧倒的に多いのが残念ながら事実。

自らを省みて、売れないブロガーの思考パターンをあぶり出せば、売れるブロガーへの道が開けるのではと考えた。

この思考パターンこそ売れないブロガーなのでは?うすうす気がついても、気が付かないふりをして書き進める。

「1ミリでも前に進みたい」

あなたにもそのように感じていただけることをゴールに書きます

それでは始めます。

目次

売れないブロガー5つの思考パターン

大きな目標立てがち

引用:日本アフィリエイト協議会

目標を立てることは必要です。

目標の立て方を間違えてしまうことで、現実とのギャップに苦しみやめる原因につながる。

ブログをはじめるときに「稼ぐ目的」がある以上、稼ぐ金額を目標に設定しますよね

月に5万、月に10万、月に100万など。

すでに成功してるインフルエンサーは月に100万レベルの方なので、月5万は楽勝感覚なのですが

その感覚は無視しましょう。

できる人ってできない人の気持ちはわからないものです。

時代が変わって稼ぎにくくなってきているブログアフィリエイトの世界では

ブログノウハウがない初心者に月5万は無理なレベル

図の通り、月1000円以上稼げるブロガーが30%です。

最初の壁は月1000円を超えることなので、「目標は月1000円を安定して超える」が妥当な目標。

期間の設定や記事数の設定なども目標を設定しておくといいです。

月1000円はブログ初心者でも稼ぐことは可能、1000円を超えるようになった時点で「稼げるコツ」が

つかめているはずなので、月1万~5万が次の目標になるでしょう。

勘違いをする

空前の副業ブーム、FIREブームのトレンドに乗り、

ブログやSNSや仮想通貨など「個人で稼ぐ」ことを行動に移したことで、

あなたは勝ち組の権利を手にしてます。

サーバーレンタル、ドメイン取得、ワードプレスで個人ブログを立ち上げて、記事を書く。

立ち上げるだけでもハードルが高く、ここまでできたことはすばらしいこと。

ゆえに「神に近づいた」と錯覚し勘違いをしてしまいます

記事を書いていけば、夢の不労所得を手に入れるだけだと。

勘違いすることは人間だれしもあるのでそこは大きな問題ではない。

問題なのは、副業をやっていない人を見下したり、バカにすることです。

「なんでやらないの?」「負け組になるよ」といった感情が芽生えてきます

「大きなお世話」嫌われるだけです。

売れるブロガーは謙虚な人が多い。(印象)

売れないブロガー、消えてくブロガーは「ああ、やっぱりね」と笑いものになるのがオチなので

謙虚さは忘れないようにしましょう。

俺は大丈夫

勘違いの一種です

自分を信じているし、そうありたいとは思うのですが

「俺は大丈夫」は思考パターンとしてはうまくいかないやつです。

慢心を生み出すことになり、必要な努力を軽視し怠るようになります。

「俺はセンスあるからこれくらいでいいんだ」

「俺は過去の実績があるから」

そういうのいらないから。

自己分析をしっかりおこなって、「どんな価値提供が自分にできるのだろうか?」をずーっと考えて形にして、

修正してってやってかない限り「売れないブロガー」のままになります。

人と比べる

自分がどの程度のポジションなのか、推し量りたくなる気持ちは必ずあります。

同時期のブロガーと比較したりしますが、無意味。

同じ時間、同じジャンル、同じ属性、同じ力量……そんなことありえない。

ある程度の基準値は知りたいとは思うけど、人は人なので。

ましてや嫉妬するなんてのは論外、そのパワーをもっと活かせよと言いたい。

隙あらばアフィリエイト

自分語りで申し訳ないが、これ僕です。

あわよくば買ってくれないか、ぽちっとしてくれるんじゃないかと

邪念の塊をぶっこんでしまう思考パターン。

貧相な思考とも言えます。

「買ってくれよ」「買えよ」「ぽちっとしたいだろ?」とリンクから自分の声が聞こえてくる……

「絶対買わねーぞ」と読者の声も聞こえてくる……

まぐれで売れることはあっても「継続的に稼ぐ」ことは不可能です。

読み手の意図を組み、必要なものを価値提供して喜んでもらうことを勉強して出直しましょう。

これできないと「売れないブロガー」の地位を確立したも同然です。

売れるブロガーの思考をゲットしたい

凡事徹底の質

 なんでもないような当たり前のこと徹底的に行うこと、または、当たり前のこと極めて他人追随を許さないことなどを意味する四字熟語。引用元:Weblio辞書

売れるブロガーはあたりまえのことを徹底的に行っています。

極める、他の追随を許さないレベルでやるからこそ差別化につながり価値が高い。

「よし!わかった明日から凡事徹底でやります」は間違い。

日々の積み上げの結果なので、凡事徹底を意識するが正解。

できていないこと、やっていないこといっぱいあるでしょ?

数年かけて凡事徹底の質をあげていくイメージです。

「売れないブロガー」は凡事徹底の質が低いまま。

「売れるブロガー」と決定的に違うところでしょう。

手間ひま惜しまない

これは手間がかかるからやらない、そんな暇ないとつい手抜きしてしまうこと多いですが、

「売れるブロガー」は面倒くさいこと、人がやらないことこそ「手を抜きません」

小さな違いが大きな違いへと日に日に変っていくことになります。

言うは易し行うは難しですが、初心者でもできることはきちんとやっておくようにしましょう。

とことん研究

サイト設計、KW選定、競合分析などとことんリサーチできる能力が高い。

記事を書くだけで精一杯の「売れないブロガー」とリサーチや研究にかける時間も質も違います。

「売れるブロガー」もはじめからできているわけではありません。

年数を積み重ねて培ってきたものなので、まずは記事を書くことで精いっぱいから抜け出しましょう。

ある程度トレーニングのつもりで記事数を増やすことは必要と思います。

努力と言わない

凡事徹底、当たり前のことを徹底しているだけなのでそもそも「努力」と思ってないし言わない。

記事を書く・リライトする・誤字脱字チェックなど努力だと思っているなら「売れないブロガー」の思考です。

それは努力ではないから。

当たり前のことを当たり前にやってるだけだから、「努力されてますね」なんて言うと「???」ってなる。

「売れるブロガー」はやはり凡事徹底の質がちがうということに集約されますね。

思考パターン改善案

売れないのは自分のせい

「売れないブロガー」は誰のせいでもなく自分のせいです。

当たり前だろって突っ込まれても、心のどこかで他人のせいにしたくなるのが人間です

「こんなに一生懸命書いたのに」「なんで読まれない」「Googleが表示してくれない」

しまいには「読者のレベルが低い」と自分の実力不足を棚に上げてしまう始末。

もっと一生懸命に、もっと読まれるように、もっとGoogleに表示されるように改善するのみ。

人のせいにしても1円も稼げません。

やるべきことやろう

凡事徹底の質を高めながら継続しましょう。

やるべきことが多すぎて時間がない?

ToDoリスト作ってやること明確にしてやるしかないです。

手書きのほうがおすすめ。

タイピングではインプットが弱いから忘れるしやらない。

常にクオリティを疑う

完璧なサイトや記事はありません。

もちろんいまのベストは尽くしていきますが、常に変化のある世の中でこれで完成ということはありません。

誤字脱字、リンク切れなど次々と出てくるので常にクオリティを疑う意識が必要です。

凡事徹底のひとつですね。

ここまで意識してできれば「売れるブロガー」の条件としてそろったのではと思います。

まとめ

勝つために必要な思考パターンは努力ではなく習慣化

売れないブロガーから売れるブロガーへ

弱肉強食のブロガーの世界で勝つために必要な思考パターンをゲットして稼ぎましょう!

凡事徹底の質をあげ、習慣化できれば「売れるブロガー」へと歩を進めることができるでしょう。

簡単にできないからこそ、誰も到達できないところまで行くことができます。

負けるには負ける理由が必ずあります。

負けないように負ける理由をつぶしていきましょう。

ちなみに僕も「売れないブロガー」なので偉そうに書き綴ったことをお許しいただきたい。

書きながら「自分にグサッとくる」「反省しなければ」と自戒の念を込めて書きました。

ブログを続けながら「売れるブロガー」の思考パターンに変わり、

読者に役立つブログを作っていきたい「努力」します。

努力が当たり前になったころ「売れるブロガー」になっていることを実現するために。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる