Googleアナリティクスの使い方のコツ!見方や分析方法あってる?

ブログ運営にアナリティクスをどのように使ったらよいのか?

こんなもやもやを抱えて10か月ほど過ごしてきました。

あなたはアナリティクスをツールとして使いこなせてますか?

ブログをはじめたてのころは記事を書くだけで精一杯。

ネタを考えたり、キーワード調べて、タイトル考えて、CANVAでアイキャッチ画像作って。

1記事を完成させるだけで大変なのに分析する余裕がない。。。

「丹精込めて作った記事がどのくらい読者に届いているのか?」

「記事数10記事、20記事と増えてきてサイトの実績はどうだろうか。。。」

「ちゃんとデータをみて、分析したほうがいいのはわかってるけど……」

アナリティクスを使って見ればいいことはわかってます。

「どういう使い方や見方をすればいいのか?」

「ほかのブロガーさんってどうやって使っているのか?」

このように思うようになり、じゃあ調べてみようとたくさん記事を読みました。

「うーん。よくわからん」

僕のインプットの弱さは差し引いてもね「よくわからん」のです。。。

機能の紹介や用語の解説はあれど、知りたいのはそこじゃないんですよね。

「結局どうやって使えばいいの?」は解消されなかったです。

そんな時はいつものパターンです。自分で使いながら覚えるしかない!

アナリティクスを使っていくうちに「これは?!」と気がついたことがたくさんありました。

このような「アナリティクス実はよくわからん問題」をもつ初心者は多いのでは?

アナリティクスを毎日欠かさずチェックしている、僕が初心者なりの目線ですが、

お役に立てるかもと思い、情報共有をしてみます。

データの読み解き方などシンプルでわかりやすくお伝えできるようにしますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです。

「明日からアナリティクスが楽しくみれる♪」がこの記事のゴールです。

では始めます!

※本記事はユニバーサルアナリティクスデータを使っています。

2023年7月1日からはGoogleアナリティクス4(GA4)に切り替えが必要になります。

GA4はまだ使っていないので、覚えたら記事化しますのでご了承ください。

目次

Googleアナリティクスを使おう!3つの大項目。

グラフ

全体の数字を見る(ユーザー)

全体の数字を見るときはユーザー→概要→期間を選択してみるようにしています。

ページビュー数(PV数)がグラフ下の左から5番目にあります。

PVのグラフを見たい場合は左から5番目のページビュー数のグラフをクリックすると上のグラフがページビューのグラフに変更できます。

ユーザー数とPV数を別々で拾いに行くの手間なので、全体の数字を見るときはユーザー概要だけでOK。

平均セッション時間や離脱率などは全体平均なので無視しましょう。(この数字に意味はない)

全体の数字を見る(集客)

集客

全体の集客はたまに見る程度(月1回)でいいです。

ここでは検索でどのくらいサイトに来てくれているか?

SNS流入の割合がどうなっているかを見ています。

Twitterからの流入をメインに考えているなら、socialの割合が多くなっていれば狙い通りにできている。

SEOで検索メインであればOrganicSearchの割合が高ければ狙い通り。

この程度で良いです。

全体の数字を見る(行動)

行動の概要では指定した期間でどのページがいちばんアクセスが多いか見ています。

グラフやグラフ下の項目は見ていません。

平均値なので見ても意味がないから(2回目)

個別記事のPV数が多い記事は、キーワード検索で上位表示されている/SNS流入が多いのどちらかになります。

育てるべき記事なのか、得意な記事なのか、改善の余地はあるのかなど考えていきます。

全体の数字をどうみているか

ユーザー数グラフ

全体の数字を把握することにはそこまで重要視していません。

PV数とユーザー数のグラフを見ていると、上がったり下がったり凸凹してますよね。

僕のPV数が少なすぎてサンプルとしてイマイチですみませんが、ポコッと上がっている山が4つあります。

まるで囲っている3つはすべて日曜日なんです。

日曜日は休日ですが、夕方以降は家でゆっくり過ごす→スマホでSNSや検索したりが増えるという仮説を立てます。

日曜日にアクセスがある個別記事を見ていくと、傾向がわかるかもしれません。

あなたが記事のネタに困っているなら、日曜日にアクセスの多い記事を横展開したり、書けそうなことありませんか?

凹みのある部分はそもそも検索が少ない曜日なのか、ほかに原因となりそうなことがないかも気になりますが、無視。

短所より長所を伸ばすほうが、早いから。

伸びてる曜日をさらに伸ばせるにはどうすればよいかだけ、考えるようにしています。

僕が雑記ブログなので、雑記の考え方に偏っていることはご了承ください。

検証

記事構成やカテゴリーに狙った記事を作っている場合には、数字で検証します。

あたらしい記事を公開して結果が出るまでは3か月は様子を見ましょう。

新しいドメインでは成果が出てくるまで時間がかかります。

サイトが育ってくるまでは、3か月我慢しましょう!

記事を更新しながら3か月前に作った記事を検証していくPDCAサイクルでアナリティクスデータを活用します。

そのために必要なのは個別のデータです。

よく使う項目 個別記事のデータをみる

行動→サイトコンテンツ

上位5記事/月

詳細を見る場合は行動の項目しか使っていません。

できるだけ余計なデータは見ないようにして時短したいからです。

サイトコンテンツでは個別記事に指定した期間でのページビュー上位から確認できます。PV少なくてごめんね

ページごとの平均滞在時間だけ見ています。

1分未満~7分以上のコンテンツまで幅が大きくあります。

明らかに平均滞在時間短い記事は、記事の品質に問題がある可能性が高いので修正したほうが良い。

平均時間が長い場合は様子を見ています。

記事数が増えてきてリライトも進めていこうと思ったときに、アナリティクスで単体コンテンツのあたりをつけたうえで

サーチコンソールでさらにリサーチしていく流れです。

行動→行動フロー

次に行動フローを確認します。

行動フローでは読者の流れを見ています。

ランディングページに個別記事がありますが、検索流入かSNS流入で来てくれているのを確認します。

内部リンクが機能しているか、カテゴリー内やブログ内でどのように回遊しているかを見ます。

まだ内部リンクなど対策をしていないので、あまりつながりはありません。

今後内部リンク対策をするときにすでにつながっている記事に関連性のある記事をつながるときに参考になります。

記事同士をつなぐ記事を追加することも考えられます。

アナリティクスを見ながら計画作成

毎月の計画

先月のデータと今月のデータを比較して翌月の計画(着地)を決めています。

ユーザー数、PV数、平均ページ滞在時間、Organicseachの割合い

ざっくりと決めていますが、結果をみてやってきたことの振り返りをすると問題がいくつか出てくると思います。

問題を解消するのが課題なので、課題をできるだけ絞って明確にします。

記事数など目標として立てやすくてよいのですが、

記事数目標を達成するために記事を書くことになるのでできれば避けましょう。

問題解決のための課題が記事数であればよいです。

手段と目的が入れ変わってしまうことは、よくあるので気を付けましょう。

過去の僕がそれで失敗しましたので教訓として共有します。。。

具体的な目標設定

厳密にやりすぎても息苦しくなるのでアバウトで大丈夫です。

「今月はスモールワードで上位表示をねらってみる」という目標にしていました。

そのために10記事ほど、スモールワードで上位表示できるか試しに記事を作りました。

来月は「レビュー記事の作り方を集中的やる。」にしています。

今月であればスモールワード(月間10~100検索)狙って作った記事が上位表示(10位以内)されていれば目標達成です。

3割あたればよいなら3記事上位表示が◎ 2記事で△ 1記事× 

レビュー記事を作るの目標では達成指標は売れたかどうかでよいかと思います。

10記事作ってどれくらい売れるのか?

そんな感じでやっています。

具体的なほうが記事のネタもこまらないのでいいかなと思っています。

アナリティクスは優秀な分析ツール。しかも無料。

アナリティクス分析しよう!

見える化できること

グラフ化してくれるのは見やすくてわかりやすい。

折れ線グラフのユーザー数、PV数の大きなグラフ変化は見ていないと気が付かないこともあります。

単にグラフを眺めても意味はなく、大きな変化に対して理由を見つけられると対処方法も明確に打てます。

上がったら上がった理由を理解して、ほかの記事や新たな記事に活かすことができる。

下がったら下がった理由を理解して、対策を打つ。

当たり前ではあるけれど、意識していないと気が付かないことが多い。

見える化してくれているだけで、わかりやすくて見落としが防止できます。

使わない手はありません。

定量化できること

感覚的にやりがちなブログ運営を、戦略的なブログ運営にしていくためには数値化が必要。

実施したアクションの評価を数字で行うことで定量化することができます。

記事ひとつひとつで狙うPV数を月間100として、実際に70という結果だとすると-30というギャップが出てきます。

-30になぜなってしまったのか?

  • 文字数を増やしてみる。
  • 画像を入れてみる。
  • ほかのブログと比較して足りないことがないのか?
  • 狙っていたKWがボリュームが少なすぎたのか?

問題点が絞れたほうが、より効果的な打ち手につながるので効率も上がり確率も上がる。

打ち手の効果検証もしやすいので、むやみやたらに手を加えると何が問題で何が正解かわからなくなります。

僕の失敗談です。もう修復不能なところまでいって削除した記事が山ほどあります。。。

まとめ

アナリティクスを使おう!

アナリティクスを使いこなすことは、ブログ運用に効果的です。

ただPV数などの結果を見るだけのツールにしておくのはもったいないです。

見るべきポイント3つまとめ

  • 全体グラフの上がっている部分(理由)
  • 詳細は個別記事のページ滞在時間(理由)
  • 行動フローでランディングページや内部リンクの状況(理由)

理由を考えること、深堀するようにしています。

なぜ?なぜ?と繰り返していくトヨタ方式でやることが多いです。

正解にたどりつかなくて良く(たどりつけない)仮説を立てたり、アイデアだしに使っています。

ブレインストーミングのように付箋に書き出したり、マインドマップツールを使ってみたりしてみてください。

サーチコンソールと併用

アナリティクスで打ち手が見えてきて、サチコさんのご登場という流れで使っています。

アナリティクスを必ず通らないと、サーチコンソールにいけないのは何とも面倒くさい仕組みにしてしまいました。

慣れれば何てことありません。

順番逆でも目的を満たせるならどちらでも良いです。

あなたのブログ運用に合わせて使い分けること、使いこなすことは収益化に向けて必須項目になります。

僕も逃げていた分析(面倒くさい・時間がない)ですが、ブログ運用と収益化を考えると必要不可欠。

使い続けていくうちに慣れてくるし、こういう見方もできるのかと発見があったりと楽しくなってきますよ。

「あすからアナリティクスを楽しくみれる」ように。

僕もまだ完璧に使いこなしているわけではないので、発見があれば追記していこうと思います。

あなたのブログがさらに磨きがかかって、読者にもっと喜んでもらえるためにアナリティクス分析を活用しましょう!

それでは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる