【人を動かす】読書レビュー 歴史的ベストセラー。人間関係の3原則を学ぶ!

本書は1937年~累計1500万部 日本500万部の歴史的ベストセラーです。

時代の変化は年々加速的で対応し苦労することが多いですよね。

この本が時代を超えていまなお売れ続けているのは「原則」は変わらないということです。

人間関係はサラリーマンにとって常に付きまとう「悩み」「課題」の上位を占めているといえます

人間関係に自信をもてたらと想像してみてください

「楽しく、充実した、毎日」あなたの毎日がカラフルに彩られること間違いなしです。

こんな方におすすめ
  • 人間関係が苦手な方
  • 中間管理職で部下との関係がうまくいっていない方
  • 人に好かれたいと思っている方
  • 人生を充実させたい方
目次

人を動かす3原則

覚える原則は3つ!

本書で原則は30原則あります。

人を動かす3原則が大原則であり、土台となる部分です。

すべての原則を読み解くことがベストですが、基礎基本は人を動かす3原則をきっちり理解して身に着けることが最重要課題なのです。

残りの27原則は手段として必要に応じて使いましょう!

人を動かす原則①

批判も非難もしない。苦情も言わない。

人を動かす原則②

率直で、誠実な評価を与える

人を動かす原則③

強い欲求を起こさせる。

ストーリー展開で解説

ストーリーから学ぶ

3原則はそれぞれストーリー展開で解説されていますのでご安心ください。

複数のストーリーで網羅されているので、共感できるストーリーを見つけてみましょう!

3原則を意識してストーリーを読むのが、知識習得のコツです。

言うは易く行うは難し

日々の生活の中に自然と取り入れることは、意識するしかありません。

大変な作業になりますが、体得した後の報酬はバカでかいのでがんばりましょう!

もう一つのコツ

「話す2割、聴く8割」

人は自分の話を聞いてほしい欲求があるので、これが極意です。

人を動かす原則③が比較的簡単にできます おすすめ。

この本に出合ってよかった

出会いを大切に

当時、仕事で特に人間関係でいつも悩んでいました。

「頑張っても認められない」「あいつばかり贔屓されてる」「俺のほうが成績あげているのに」

「全然わかってくれない」

そんな調子で、イライラする毎日で全然楽しくなかった。

その頃は読書ゼロ、読むのはジャンプのみの自己啓発などかけらほどの意識もない人間でした

今も大したことないのは置いときまして。

悩みに悩むと解決方法を探します。

本屋さんにふらっと立ち寄り、いくつかの本をパラパラとめくりながら手がとまった本が「人を動かす」でした

「小難しそうな本」「眼鏡かけた偉い人っぽい写真」「俺に読めるかな」と思いながらも「有名な本みたい」だし

レジを済ませ、読んでみると「引き込まれるように」読みました。

これまでの自分の行動が間違っている、勘違いしている、ぶん殴ってやりたいと思うほど打ち抜かれた気持ちになりました。

その後はうまくいけば自慢ばかりしていた「悪癖」を直し、人の話を聞き、原則に従っていくなかで周りの評価はがらりと変わっていきました。

成績も残し、人からも好かれるようになり、出世させていただいたり、人生がカラフルに色づき始めたのは本書との出会いが

あったから。

まとめ 原則は不変

変わらない

人を動かす原則はいつの時代も不変であり、本質です。

仕事の人間関係もですが、SNSも同じ原則です。

上司部下の関係に悩むことを想定して書きましたが、SNSでフォロワーが増えない方にも人を動かす原則を知る必要があるといえます。

  • 人を動かす3原則を徹底的に叩き込む
  • 残りの27原則は手段として引き出しに入れておけばよい
  • 話す2割、聴く8割を意識する

自己流ですが、参考になれば幸いです。

人生100年時代、本質は変わりません。

読みやすい入門書もどうぞ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる