【母の日】予算平均は3000円。アンケート調査からお花と手紙がベストチョイス!

母の日にプレゼント。

そんなことはわかってるけど、予算やプレゼントする内容は決めていますか?

「実際にどのくらいの予算でいいのか?」

「何をあげたら喜ばれるのか?」

「直接渡せなくてもいいのかな?」

など、いざとなると悩むものです。

日頃の感謝の気持ちを伝えることが目的なので、そこまで気にしなくてもいいのですが気になりますよね。

アンケート調査をもとに考察しました。

結論:予算は3000円、お花が良い+メッセージカードがベストチョイス。

目次

母の日に贈るもの

re_18.png (650×650)
引用元:「母の日コム 贈る人もらう人アンケート 2022」結果発表 お母さんは何をもらうと嬉しい?

引用元:http://hahanohi.com/enquete/

お花がいちばん

母の日コムアンケート調査では、45%以上と半数近くを占めています。

イメージと一致する結果かなとおもいます。

ごちゃごちゃ考えずにカーネーションを買いましょう!

お花屋さんでもスーパーでも販売していますので比較的手に入れやすいです。

おとなの男性はとくにお花を買うということに慣れていません。

入店するだけでドキドキするかと思いますが、店員さんに「母の日の・・・」と言えば食い気味に対応してくれます。

もう店員さんに予算だけ伝えて任せてしまいましょう!

いらぬセンスを発揮しようなど無駄な抵抗はやめて、さっさとカーネーションを購入しましょう!

手紙

アンケート結果で手紙を贈るが11%という結果。

もっと多いと思っていましたが少ない印象です。

メッセージカードにひとこと添えてみましょう!

便箋に手紙となるとしっかり文章を書かないといけません。

メッセージカード(名刺サイズくらい)であれば短い文章で済みます。

カーネーションに手紙を添えて、リビングなどにそっと置いておくだけでOKです!

タイミングが合わなかったり、遠方で直接会いに行けないなどもあります。

直接会って渡せないなら手紙を添えて贈りましょう。

感謝の気持ちを伝えることが目的なので、何もしないより断然おすすめの方法です。

過去の僕も離れて住んでいることもあり、手紙を添えて贈りました。

直接会って渡すべきかなと思っていましたが、母は嬉しそうに電話をかけてきてくれたので、

気持ちは伝わっているんだなと実感し、よかったと思っています。

今もコロナ過もあってなかなか普段も会えません。

この方法で感謝を伝えていこうと思います。

写真

アンケートにはありませんが、写真もうれしいようです。

頻繁に会える環境でないので特にそう思います。

お孫さんがいるなら、成長の記録としてプレゼントにしても良いと思います。

ミニアルバムや写真立て、デジタルフォトフレームなどあなたらしさと母の好みで決めましょう。

母の日の予算

re_3-1.png (567×567)
 
 引用元:「母の日コム 贈る人もらう人アンケート 2022」結果発表 お母さんは何をもらうと嬉しい?

多くても1万円以内

このアンケートではわからないのですが、ひとりの母へプレゼント予算と思います。

結婚されている方では、実母と義母にプレゼントをするので×2の予算が必要になります。

独身の社会人、学生なども背景が違うのですが3000円前後が妥当なラインですね。

感謝の気持ちを伝える目的なので予算はそこまで気にしなくてもいいです。

カーネーション一輪でもOK!

直接会えない場合はネット注文で配達が便利です。

予算内Amazonベストセラー1位

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる