【newbalancニューバランス】1000番台人気モデルのおすすめは?【スニーカー】

スニーカーのブランドは海外も国産もたくさんある。

本記事にしているニューバランスはもちろん、ナイキやアディダスといったスポーツブランドのハイテクスニーカー。

コンバースやバンズのキャンバススニーカーなどなど。

国産もオニツカタイガー、アシックスやミズノといったスポーツブランドも人気が高い。

最新技術を詰め込んだハイテクとローテクでレトロなデザインの両方兼ね備えたスニーカーがあれば……

車も会議も生活もハイブリッドな世の中にマッチしたスニーカーが「ニューバランス」1000番台シリーズ!

テクノロジーとデザインの融合を果たしているニューバランス1000番台シリーズが「今っぽい」

あえて1000番台がかっこいいのだと思うのも、履いてる人少ないからって理由もある。

ニューバランスの「574」もかっこいいし、履きやすいし好きだけど。

こだわり派のあなたには1000番台が物欲にぶっ刺さるんじゃないかと思う。

目次

歴史的名品 ニューバランスM1300

歴史的名品「1300」から派生した「M1300CL」から、限定モデルやニューカラーが登場。3月5日(木)の発売に先駆けて、公式オンラインストアにて先行予約受付中
NB公式

歴史的名品というM1300は1985年に登場した1000番台最初のモデルである。

歴史的のスタートはここからということ。

ラルフローレン氏が絶賛した逸話は有名である。

ラルフローレン氏はその履き心地を「まるで雲の上を歩いているようだ」と言わしめたほど。

一流ブランドに認められる傑作が、その後に一流ブランドとしての地位を確立するのは必然と言える。

ぜひ履き心地を体感していただきたい。

M1300の後継モデルM1400

楽天市場

M1400はハンドメイドゆえに量産が難しく2018年に製造販売中止に。

2021年に復活したM1400は人気がさらに高騰している。

いつまた製造販売中止のなるかわからないのでコレクター思考があれば買っておいて損はない。

M1400を世に知らしめたJクルー別注M1400NV

ENCAPソール採用 M1500

Amazon

小さめのロゴ「N」がデザインとしても評価が高く、ファッション感度が高い方にもっとも愛されているM1500。

当時最新の技術を詰め込んだソールの履き心地のよさは今もトップクラスと言える。

耐久性に難があるが(加水分解)シューズリペア対応してくれる修理屋さんもあるので部分交換で対応できる。

M1500はカラーバリエーションや別注品も多くあるので、選ぶ楽しさもある。

1000番台最後のフラッグシップモデル M1700

※イメージ写真はM1700ではありません

Mー1700は1000番台シリーズ最後のモデルであり名品中の名品。

最高のクッション性は雲の上を歩くがごとくふわっふわ。

こだわり抜いたディティールは長い年月が経った今のなお高い支持を集める文化財と言える逸品。

進化したソールはABZORBである

ENCAPはヒール部分、ABZORBはソール全体への技術であり履き心地は至高と言える。

ハイテクとローテクの融合が完璧なM1700が大好きなので一押しである。

決して安くはないので、リペアを念頭に愛でていく必要がある。

もはや家族の一員として迎え入れるくらいに。

ニューバランス1000番台はどれも好きで迷う。

あなたのお気に入りが1000番台に見つかることを願う。

抜群の履き心地と秀逸なデザインをぜひ手にいれてほしい。

踵がつぶれやすいので靴ベラをおすすめ

  • おすすめのコーディネート
  • デニムで合わせる王道パターン
  • ミリタリー(軍パン)やワークパンツでカジュアルなパターン
  • スキニーデニムで足元を強調するパターン

要するに何にでも合わせやすいので気にせずに履けばOK!

懐の深い1000番台シリーズはおしゃれしようと頑張らなくても問題ないのである。

そもそもおしゃれなスニーカーで確立してるから。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる