読書レビュー【アウトプット大全】脳科学に裏付けされた伝え方・書き方・動き方

今回ご紹介する本は精神科医である著者 樺沢紫苑(かばさわしおん)さんの

アウトプット大全を紹介します。

知識習得にはアウトプットがすべてという結論を根拠も合わせて書き記されていて

わかりやすく、なるほどといった腹落ち感も得られる良い本です。

何より著者樺沢さん自身がめちゃくちゃアウトプットしまくっていて、結果を出しているからこそ

響き方が違います。

アウトプットをしなければ知識として定着しないことに気がつくところから始まります。

目次

アウトプットが重要な理由

著者樺沢さん自身毎月20冊の読書を30年以上続けています。

圧倒的なインプットの量ですよね。

あるとき、「いくらインプットしてもちっとも成長していない」ことに気づいたとのこと。

それ以来、アウトプット意識的に強化していまに至ると述べられています。

「日本一アウトプットしている精神科医」

数万時間を超える「アウトプット経験」

圧倒的に結果が出る「アウトプット術」を図解ありでわかりやすく解説してくれています。

さくさく読み進められる内容です。

5つの項目

本書は5つの大項目で構成されています。

  1. 基本法則(rule)
  2. 伝わる話し方(talk)
  3. 書き方(write)
  4. 行動力(Do)
  5. トレーニング法(training)

辞書的な使い方もできます。

どこから読んでも問題ありません。

おすすめは基本法則は先に読んでおくことです。

法則を理解することでより本書を有効に活用できることができます。

アウトプットの定義

基本法則の一番初めに書かれています。

一番初めに著者が言いたいこと「現実はアウトプットでしか変わらない」が結論であり、入り口であると感じます。

ここで言うアウトプットの定義とは

具体的には、「読む」「聞く」がインプットで

「話す」「書く」「行動する」がアウトプットであると定義しています。

例)本を読むのはインプット、本の感想を話すのがアウトプット、感想を書くのもアウトプット

本の内容を実践するのもアウトプットになります。

インプットすると脳内の情報は多くなりますが、脳内世界が変化するだけで現実は変わらない。

アウトプットすることは「行動」になります。

行動することではじめて「現実世界」を変えることができます。

80項目のノウハウ

本書は実践的内容を80項目に細かく解説しています。

なかでも実際にやってみてよかった内容をお伝えします。

「話す」「書く」「行動」をアウトプットとするならばどの方法が効率よくアウトプットできるかを考えました。

仕事にも使えること「プレゼンをする」を実際にやりました。

・「話す」プレゼンを3人にしてみる(客観的な立場の人)

・「書く」パワポでプレゼン資料を作る(3人に見てもらう)

・「行動」上司や顧客にプレゼンを実際に行う

普段の仕事でも時々プレゼンすることはありましたが「苦手」「嫌々」でやっていました。

緊張するし、うまく話せないし、反応も微妙だとパニックに陥ります。

上記のやり方に変えてから、随分と成長しました。

客観的なフィードバックを得られることは特に大きなメリットです。

自分では伝えられたと思っていても大半伝わってない、伝えられていないことがよくわかります。

繰り返しパワポを直したり、作ったりしているうちにどうすればわかりやすいのか?つたわるのか?

意識するようになります。

そして本番でのパフォーマンスも当然反応が変わってきます。

これがいちばん面白いです。

あきらかに反応が変わってきますので、ぜひ実践する機会があればやってみてください。

プレゼンが楽になった

プレゼン苦手だったのに、いまでは得意とまでは言えないですが不安はほとんどありません。

アウトプットを続けていること。

アウトプットの効率の良いやり方を知っていること

これだけでも人よりも差をつけることができます。

「知識習得にはアウトプットがすべて」がやはり結語になります。

「話す」「書く」「行動」の3つを意識して行うことで現実世界、特にビジネスの世界で

大きな結果を出すことが可能になります。

最後に

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

本書はサラリーマンとして必要なことが網羅されています。

時々読み返すのも効果的でいまも参考にしています。

本書5つの構成の中にトレーニング法が最後の項目にあります。

具体的には7つのトレーニング法があるのですが、そのひとつにブログを書くという方法があります。

まさにブログ書くことがアウトプット術になっています。

日々アウトプットを続けていくことで現実世界をどんどん変えていくことができる。

この体験はとても刺激的で面白いです。

ぜひ本書をきっかけにアウトプットを意識的に増やして「結果」を出しましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる