【単身赴任】とは?決まってから引っ越すまでの手順【解説】

単身赴任とは会社の規定を知ることが重要です。

どうして重要なの?単身赴任を命じられたので、単身赴任のことを知りたい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・単身赴任の定義
・単身赴任の手続き
・部屋探し
・単身赴任で必要なもの

本記事を書いている僕は単身赴任2年目です。40代で転勤となり、家族と離れて単身赴任を選択しました。

家族にとっても、負担のかかる単身赴任のことを最も大事な会社規定についてご紹介していきます。

実際に、僕は本記事でご紹介する方法で、単身赴任の社内規定を何度も読み単身赴任を理解することができました。

読みにくい社内規定のポイントを解説します。

目次

単身赴任とは?

一般的な定義

単身赴任(たんしんふにん)とは、労働の形態の一つ。政府統計では、単身配偶者又は扶養親族がいる人が、転勤に伴い単身で住居を移すことと定義されている[1]。単身赴任をしている人は単身赴任者と言う。

企業の分割、合併が頻繁に起きる今日では、至る所で見聞きすることが多い。夫だけでなく、妻が単身赴任もしくは、子供がいなければ別居ということも有り得る。

家族と別れて暮らすため、家族の生活に障害を来す場合があり、転勤命令を受けて他社に転職する者も居る。引用元:Wikipedia

単身赴任の目的とは?

社内規定を読む前に。

あなたが単身赴任する目的を明確にしましょう。

・昇進/キャリアアップのため

・人員補充のため

人材育成のため

・マンネリ化防止のため

主に4つをあげました。

企業の求めることとあなたが求めることがマッチしていることが大切です。

企業の規模や拠点数、社員数などにより頻度もことなります。

キャリアアップであれば単身赴任で集中的に仕事できる環境でもあるので思い切り仕事に没頭することができます。

勉強する時間も確保しやすいのでキャリアにつながる資格取得に挑戦にもチャレンジしてみましょう。

単身赴任の期間

一般的には平均年数3年くらいが多いようです。

なかには10年を超える方もいらっしゃいます。

明確な期間は上司との相談で決まる、もしくは期間限定の社内プロジェクトなどがあります。

定期的に上司との面談があると思うので、遠慮なく確認をしたほうが良いです。

なにも言わないとズルズルと長引いて戻してくれなくなるリスクもあります。

上司が退職する場合

次の上司に引継ぎをしてもらいましょう。

うやむやにされると帰らせてもらえなくなる困るケースも見てきました。

僕もそうならないように気をつけます。

最悪の場合は転職も視野に入れなければならないことにもなるので、要注意です。

単身赴任決まってから引っ越すまでの準備

住所変更

単身赴任の場合に住所変更をするか迷うと思います。

住所変更など役場の手続きは面倒くさいので、できれば避けたいという方は無理に住所変更しなくても良いです。

単身赴任期間が短い場合や赴任先と自宅の距離が近い場合は住所変更なしでも問題ないかと思います。

毎週自宅に帰るようであればしなくても可。月に1回程度であれば住所変更したほうが良いとも言われています。

重要な書類や公的なサービスなど、登録住所でないと享受できないことがデメリットになります。

単身赴任の手当

・単身赴任手当

・帰省費用負担

・休暇

・家賃補助

・引っ越し負担

・支度金

会社の赴任規定によりますが一般的には上記のような補助があります。

詳細な金額など規定を読み、わかりにくい部分は人事に問い合わせしましょう。

部屋探しの手順

基本的には自分で探す

会社が提携している不動産からの紹介もあるようですが、自分で探せるなら自分で探しましょう。

数年でも拠点となる部屋なので、納得のいく物件を選ぶことは大切です。

家賃交渉や駐車場の有無など、あとあとになって後悔しないようにしましょう。

敷金なし・礼金なし・更新料なし・全国47の都道府県に100,000室以上!
どの不動産も同じ物件を紹介していることが多いですので、検索してみて気に入ればすぐに問い合わせしましょう。

忙しくて内覧できないときはWebでの内覧も可能です。日当たりや細かいところまではわかりませんが

見ずに決めるのも不安なのでWeb内覧の活用はおすすめです。

新築物件なら見なくてもよさそうですが、カーテンのサイズや家具家電のサイズなどは確認必須です。

引っ越し日と引っ越し業者を決める

部屋探しで入居日が決まれば、引っ越し日と業者を決めましょう。

会社での指定がなければ引っ越し業者も自分で探します。会社の規定にもよりますが一般的には2社以上の見積もりで

安いほうの業者を選択するようになります。

その引越し見積もりサイト、本当に簡単なの?【引越しラクっとNAVI】
見積サイトで一気に片づけると楽ですよ。単身だと荷物も少ないので時間をかけないほうが良いです。

サクッと終わらせてしまいましょう。

ガス水道電気の契約

ライフラインなので引っ越し日から使えるように手配しましょう。

電気とガスは自由化で選べるようになっているのでお得な契約をして少しでも金銭的負担を減らしましょう。

電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

支払いを振込かクレジットカード払いなども決めましょう。

クレジット払いが便利でおすすめです。


単身赴任で必要なもの

家具/家電

必要以上に最初にそろえる必要はありません。

最低限必要な家具家電だけそろえましょう。意外と使わない家具家電出てきます。

単身用の部屋は思った以上に狭いので、ミニマルなほうが片付けや掃除もらくなのでおすすめです。

特に必要なのはお部屋の電灯とカーテンは必須です。意外とカーテン忘れて丸見えで困ることありますので。

僕は物干しざおの購入を忘れてしまい、選択しても干せないということがありました。

普段あるものだと思いこんでましたが、最初からあるわけではありません。

意外と見落としてしまうものが出てくるので要注意です。

参考記事をご覧ください。

日用品

日用品も後からでも良いですが、引っ越してすぐは余裕がないのですぐに必要なものはそろえて置きましょう。

トイレットペーパーやタオルなど意外と忘れると困るものあります。

コップやお皿などは紙コップと紙皿で十分です。

近所に買い出しに行けばすみますが、何となく土地勘もないのではじめは準備しておいたほうが安心です。

飲み物やお米などもあれば安心ですね。

洗剤類、調味料、石鹸、シャンプー、歯ブラシ、歯磨き粉などなど細かいものがたくさんあります。

消耗品なのであっても使い切るのでストックがあっても良いです。

救急箱にバンドエイド、痛み止め系、体温計も必要になるのでそろえて置くとよいです。

スマホの充電などコンセントが不足することもあるのでマルチタップは必需品ですね。

単身赴任とは?決まってから引っ越すまでの手順のまとめ

単身赴任のまとめ
  • 単身赴任の定義
  • 単身赴任の目的
  • 単身赴任の手続き
  • 部屋探し
  • 単身赴任に必要なもの

全体的な流れをまとめました。

異動の辞令から単身赴任を決断し、赴任先への準備は会社規定を見ながら手配を進めます。

赴任先への着任まで1カ月くらいで異動することも多く、のんびりと準備する余裕がないことが多いです(経験談)

社内規定と手順の流れを抑えておくこと、わからなければ人事担当者に確認は何度でも理解するまでやること。

職場に単身赴任されてる方がいれば聞いてみましょう。

ぼくも先輩に聞きながら進めたのでスムーズに完了しました。

社内規定はわかりにくいので不明点は人事に問い合わせしましょう。

これからの単身赴任生活を乗り切るためのしっかりと準備して頑張りましょう!

それではまた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる