【戦力外予想】横浜DeNAベイスターズの苦渋の決断【2022年】

2022年9月、短観。

ペナントレースも佳境に入り、ベイスターズは首位から7ゲーム差の2位である*2022年9月8日現在

2位フィニッシュでクライマックスシリーズに進めるかが現実的な目標になる。

3位阪神の投手力含めた総合力は高く4.5ゲーム差はセーフティに感じない。

連戦中でもあり、タイガースの追撃を振り切れるかがチームとしてレベルアップしている判断材料にしたい。

2位でクライマックスシリーズの進出経験はなく、最後まで全力で走りきるシーズンも久しぶりなので来年への期待も

含めてやりきってほしい。

さてタイトルの通り『戦力外通告』という胸が締め付けられる言葉ではあるが、避けては通れない。

ドラフト会議、FA宣言、新外国人獲得による補強には枠が必要になるもの。

枠の確保により押し出されていくのが戦力外通告である。

誰がクビになるのか?といった話題は実社会でも『人気コンテンツ』であるのも嘆かわしいが事実である。

我が横浜DeNAベイスターズの優勝への戦略として客観的に『戦力外』を7名予想することにする。

例年では第一次戦力外通告は10月1日~クライマックス前日までの期間

第二次戦力外通告がクライマックス終了から日本シリーズ終了翌日までの期間

「横浜DeNAベイスターズを応援する」

DAZN(ダゾーン)

「DAZN(ダゾーン)」は、スポーツファンが好きなスポーツを、いつでもどこでもお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。明治安田生命Jリーグやプロ野球、Yogibo WE リーグをはじめとする 国内コンテンツに加え、AFCアジアカップなどの AFC 公式14大会、ラ・ リーガ サンタンデール、セリエ A、UEFA 女子チャンピオンズリーグなど欧州サッカーも放映していま す。さらにF1TM、テニス、ボクシング、ゴルフなど世界最高峰のあらゆるスポーツの興奮をお届けし、あらゆるスポーツのライブ中継のみならず、見逃し配信やハイライト、オリジナルコンテンツも見放題。テレビ、スマートフォン、PC、タブレット端末、ゲーム機などマルチデバイス対応しており、いつでもどこでもスポーツ観戦をお楽しみいただけます。

目次

戦力外通告予想 【野手】

スクロールできます
No選手名年齢ポジション左右備考
1藤田 一也40セカンド
2大和34ショート
3宮崎 敏郎33サード首位打者(2017)ゴールデングラブ(2018)
ベストナイン(2017、18)
4ソト33ファースト本塁打王(2018、19)打点王(2019)
ベストナイン(2018、19)
5伊藤 光33キャッチャー
6戸柱 恭孝32キャッチャー
7太田 泰示32ライト
8倉本 寿彦31ショート
9嶺井 博希31キャッチャー
10オースティン30ライト
11山下 幸輝29ファースト
12高城 俊人29キャッチャー
13桑原 将志29センターゴールデングラブ(2017)
14田中 俊太29セカンド
15柴田 竜拓28ショート
16神里 和毅28センター
17佐野 恵太27レフト首位打者(2020)ベストナイン(2019)
18関根 大気27レフト
19楠本 泰史27ライト
20宮本 秀明26ライト
21蛯名 達夫24ライト
22牧 秀悟24セカンド新人特別賞(2021)
23村川 凪24育成
24細川 成也24レフト
25山本 祐大23キャッチャー
26知野 直人23セカンド
27梶原 昂希22センター
28勝又 温史22育成
29益子 京右21キャッチャー
30大橋 武尊21育成
31東妻 純平21キャッチャー
32田部 隼人20ショート
33森 敬斗20ショート
34小深田 大地19サード
35東出 直也19キャッチャー育成
36粟飯原 龍之介18ショート

野手から予想をする。

藤田 一也 40歳 セカンド 鳴門第一 – 近畿大学 2004年ドラフト4位 推定年俸3000万

戻ってきたハマの牛若丸も40歳の大ベテラン。

培った経験を武器に、若手のお手本、守備力、勝負強い打撃など持ち味を発揮。

将来的なキャリアプランとしてコーチ兼任もあり得るか。

引退の可能性、もう一年ラストチャンスとして優勝を目指して残してくれるかどうか。

本人の意思を尊重すると思う気もする。

倉本 寿彦 31歳 ショート 横浜高 – 創価大 – 日本新薬 2014年ドラフト3位 推定年俸4120万

入団1年目からシュアなバッティングと堅実な守備でレギュラーを獲得。

守備範囲の狭さと時々やらかしてしまうことで揶揄されてしまう「倉本前ヒット」というパワーワードを生み出した。

つまりは人気選手ということである。

2016年には打率294.をマークするなどクライマックスシリーズ進出へ貢献。

2017年は143試合に出場するなど押しも押されぬレギュラーであり、さらなる活躍を期待された。

2018年以降は出場機会が減少し、2022年現在も1軍に帯同しているが守備交代での起用が多く戦力として微妙な立ち位置になり、ショートには大和、柴田、森敬斗らがレギュラー争いをしており後塵を拝している。

大和もベテランの域に入り途中出場や勝負強いバッティングでバックアップしても一枚上手とみて倉本選手の戦力外を予想した。

年俸も4000万以上と高いのか安いのか微妙に判断しずらいが、選手全体の17番目なので高いほうに分類される。

年齢的には脂ものってまだまだやれると思うが、倉本選手で悩むあたりはベイスターズの層も厚いということである。

山下 幸輝 30歳 内野 関東一 ー 國学院大 2014年ドラフト5位 推定年俸 1380万

「ムシキング」の異名と代打での起用と気合十分のバッティングが印象的な選手。

フルスイング時の「おりゃー!!」と画面越しにも聞こえるほどの声も魅力の選手である。

代打の切り札ポジションも若手台頭により一軍出場機会が激減。

ファームでは打率3割超えのアベレージをキープも1軍の壁は高い。

大好きなキャラクターなのでもうひと踏ん張りしてほしいが・・・

戦力外予想 【投手】

スクロールできます
No選手名年齢ポジション左右備考
1三上 朋也33中継ぎFA取得
2平田 真吾33中継ぎ
3田中 健次郎32中継ぎ
4三嶋 一輝32中継ぎ/抑え
5有吉 優樹31先発/中継ぎ
6ピープルズ30先発/中継ぎ退団
7森原 康平30中継ぎトレード
8宮國 椋丞30中継ぎ
9エスコバー30中継ぎ
10山崎 康晃29抑え
11石田 健大29先発
12ガゼルマン29中継ぎ途中入団
13今永 昇太28先発
14大貫 晋一28先発
15クリスキー28中継ぎ
16ロメロ27先発
17濱口 遥大27先発
18平良 拳太郎27先発
19砂田 毅樹27中継ぎ
20東 克樹26先発
21上茶谷 大河25先発
22坂本 裕哉25先発/中継ぎ
23伊勢 大夢24中継ぎ
24石川 達也24先発/中継ぎ
25京山 将弥24先発/中継ぎ
26スターリン24育成
27入江 大生24中継ぎ
28徳山 壮磨23先発
29ディアス23育成
30桜井 周斗23中継ぎ
31池谷 蒼大23中継ぎ
32阪口 皓亮23先発
33中川 虎大22中継ぎ
34三浦 銀二22中継ぎ
35宮城 滝太22
36浅田 将汰21
37加藤 大20
38マルセリーノ20
39松本 隆之介20
40高田 琢登19
41小園 健太19先発
42深沢 鳳介18

投手は人数が多く野手よりも多くなると予想する。

有吉 優樹 31歳 投手 東金 ー 東京情報大 – KMG – 千葉ロッテ 2016年ドラフト5位 推定年俸 2700万

国吉投手とトレードで入団の有吉投手は先発を期待されているが、登板機会は2021年1試合、2022年も1試合のみ。

ファーム成績も期待値よりも低く、厳しい状況である。

1軍ローテに割って入ることも、中継ぎも伊勢、入江、平田らに割って入るのも厳しいでしょう。

宮國 椋丞 30歳 投手 糸満 – 読売ジャイアンツ 2010年ドラフト2位 推定年俸840万

ジャイアンツ戦力外からNPB復帰をあきらめず、トレーニングを続けて横浜でNPB復活のストーリーをもつ選手。

先発の谷間、ビハインドでのロングリリーフなど困ったときに助けてくれる印象的な投手。

経験値が高く、ケガや戦力外からの復活などメンタルが強みと思われる。

セカンドキャリアとしてコーチや球団に残すべき人材と考えられる。

ロバート・ガゼルマン 29歳 投手 メッツ – カブス 推定年俸4000万

今季途中入団。

メジャー通算20勝の実績もあり、主に先発としての補強であった。

途中入団の助っ人は調整が難しく、過去活躍した記憶もない。

9月の連戦で出番があるかもしれないが、内容を問われると予想する。

ピープルズ退団というイレギュラー対応として、球団の姿勢を示す効果はあったと思う。

ブロードウェイ、ビロウを彷彿とさせるあたり、好みではあるが。

浅田 将汰 21歳 投手 有明  2019年ドラフト7位 推定年俸515万

まだ若く3年目ではあるが、ファームでの防御率14点台とプロの壁に阻まれている。

同世代の中川、宮城らの成長があり比較されると厳しい状況である。

社会人野球、独立リーグも含めたキャリアプランも気になるところ。

育成再契約という可能性もあるかもしれない。

高卒からプロに入れるポテンシャル、そこから活躍できるには大きな壁が立ちはだかるのだろうと想像してしまう。

バケモンしかいない世界で戦うにはポテンシャルだけでは太刀打ちできないのだと。

戦力外予想 横浜DeNAベイスターズ2022のまとめ

戦力外予想
  • 藤田 一也 40歳 セカンド 鳴門第一 – 近畿大学 2004年ドラフト4位 推定年俸3000万
  • 倉本 寿彦 31歳 ショート 横浜高 – 創価大 – 日本新薬 2014年ドラフト3位 推定年俸4120万
  • 山下 幸輝 30歳 内野 関東一 ー 國学院大 2014年ドラフト5位 推定年俸 1380万
  • 有吉 優樹 31歳 投手 東金 ー 東京情報大 – KMG – 千葉ロッテ 2016年ドラフト5位 推定年俸 2700万
  • 宮國 椋丞 30歳 投手 糸満 – 読売ジャイアンツ 2010年ドラフト2位 推定年俸840万
  • ロバート・ガゼルマン 29歳 投手 メッツ – カブス 推定年俸4000万
  • 浅田 将汰 21歳 投手 有明  2019年ドラフト7位 推定年俸515万

好きな選手も含めて客観的に成績や年齢を含めて予想した。

全員活躍してほしいが、どんな名選手でも必ず訪れる戦力外、引退から目を背けられない。

チーム編成には予算もあり、枠もあることなのでどのような結論でも優勝を待ち望むファンのためにつなげてほしいと願う。

ファンも球団も選手も「何のために、誰のために、何をすべきなのか」

その答えは・・・

以上です。

ドラフト予想投手編はこちら👇

ドラフト予想野手編はこちら👇

現役ドラフト予想はこちら👇

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる