【2022年ドラフト】横浜DeNAベイスターズの野手指名は?【最新】

今回は『野手編』を検討し、ドラフト会議前にのみに許される2022年ドラフト予想を楽しみ倒す目的になる。

我が横浜DeNAベイスターズが98年から25年ぶりに日本一になるためのラストピースが存在するはずだ。

さて、プロ志望届がはじまった。

10月6日までの期限であり、プロ挑戦か進学かまだ読めない時期ではあるが予想を進めていく。*9/5現在

予想が当たったと「どや顔したい」気持ちであふれている。

誰かが聞いてくれるわけじゃないのでブログ記事にしてみた。

酒のつまみにでもしてもらえたら泣いて喜びます。

今回記事作成では引用元:ドラフト選手はドラフト・レポートさんのブログを参照させていただいております。

「横浜DeNAベイスターズを応援する」

DAZN(ダゾーン)

「DAZN(ダゾーン)」は、スポーツファンが好きなスポーツを、いつでもどこでもお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。明治安田生命Jリーグやプロ野球、Yogibo WE リーグをはじめとする 国内コンテンツに加え、AFCアジアカップなどの AFC 公式14大会、ラ・ リーガ サンタンデール、セリエ A、UEFA 女子チャンピオンズリーグなど欧州サッカーも放映していま す。さらにF1TM、テニス、ボクシング、ゴルフなど世界最高峰のあらゆるスポーツの興奮をお届けし、あらゆるスポーツのライブ中継のみならず、見逃し配信やハイライト、オリジナルコンテンツも見放題。テレビ、スマートフォン、PC、タブレット端末、ゲーム機などマルチデバイス対応しており、いつでもどこでもスポーツ観戦をお楽しみいただけます。

目次

空きポジションがドラフト指名するポイント【野手】

  • ベテランがレギュラーのポジション
  • 年齢層で空いてるポジション
  • 右左のバランス
  • 将来的に穴になるポジション
  • FAや引退、戦力外で空くかもしれないポジション

野手も投手同様にさまざまな要素があるので難しい。

いちばんわかりやすい要素で予想してみることにした。

レギュラーが確立しているとは言えないのが、捕手と遊撃手が思い浮かぶがドラフト即戦力で活躍できるポジションでもないのでFA戦略含めて検討されると思う。

将来的に空きそうなポジションも含めて検討する余地がある。

つまりは全ポジションバランスよく獲得するのだろうと思われる。

外野手1名、内野手2名、捕手2名の5名を検討することとした。

ドラフトでは18歳~25歳が指名範囲なので年齢層とポジションで予想する。

ドラフト予想投手編はこちら👇

投手36人 18歳~40歳

野手最年長は藤田内野手の40歳。

投手とは違い、18歳~25歳の層は薄いという現状が見て取れる。

以下表を参照。

スクロールできます
No選手名年齢ポジション左右備考
1藤田 一也40セカンド
2大和34ショート
3宮崎 敏郎33サード首位打者(2017)ゴールデングラブ(2018)
ベストナイン(2017、18)
4ソト33ファースト本塁打王(2018、19)打点王(2019)
ベストナイン(2018、19)
5伊藤 光33キャッチャー
6戸柱 恭孝32キャッチャー
7太田 泰示32ライト
8倉本 寿彦31ショート
9嶺井 博希31キャッチャー
10オースティン30ライト
11山下 幸輝29ファースト
12高城 俊人29キャッチャー
13桑原 将志29センターゴールデングラブ(2017)
14田中 俊太29セカンド
15柴田 竜拓28ショート
16神里 和毅28センター
17佐野 恵太27レフト首位打者(2020)ベストナイン(2019)
18関根 大気27レフト
19楠本 泰史27ライト
20宮本 秀明26ライト
21蛯名 達夫24ライト
22牧 秀悟24セカンド新人特別賞(2021)
23村川 凪24育成
24細川 成也24レフト
25山本 祐大23キャッチャー
26知野 直人23セカンド
27梶原 昂希22センター
28勝又 温史22育成
29益子 京右21キャッチャー
30大橋 武尊21育成
31東妻 純平21キャッチャー
32田部 隼人20ショート
33森 敬斗20ショート
34小深田 大地19サード
35東出 直也19キャッチャー育成
36粟飯原 龍之介18ショート

ドラフトで獲得できる年齢は18歳~25歳が目安

24歳の蛯名選手で区切ると15人の野手が現在所属している。

右打者
左打者
  • 9人
  • 20歳未満 2人
  • 25歳未満 7人
  • 内野手 3人
  • 捕手 4人(育成1)
  • 外野手 2人
  • 6人
  • 20歳未満 3人
  • 25歳未満 3人
  • 内野手 2人
  • 捕手 0人
  • 外野手 4人(育成3)

表作成するとよくわかるのが、若手で捕手の補強は進んでいる。

捕手で左打者がいないので、ドラフト獲得の可能性が高い。

牧は中心選手としてすでに活躍中、蛯名外野手、森内野手は1軍レギュラー争いを行っている状況。

内野手2人、外野手2人、捕手1人の5名をドラフト候補で検討する。

内野手は即戦力で(大社)外野手は高卒と右打者、捕手は左打者の打ち分け

では具体的に誰を指名するのか?に進みます

ドラフト指名予想(野手)

社会人から予想2名

社卒は即戦力として近年活躍傾向が高い!

阪神の近本選手、横浜の宮崎選手、戸柱選手ら実績も十分にある。

野村 和輝(石川ミリオンスターズ)内野/外野 右打者 20歳

フィジカルモンスター!

遠投125Ⅿは圧巻。

ドラフト下位指名

素材型での獲得を予想。

三塁手、外野手も可能。

メリット:若く素材としてポテンシャルある

デメリット:技術面を育成できるか実績に乏しい

*独立リーグは在籍1年目から指名可能。独立リーグ選手はプロ志望届提出はありません。

平良 竜哉(NTT西日本)内野 右打者 25歳

年齢層も薄いので上位候補で。

打力が魅力で内野は複数ポジション経験ある。

守備に不安という情報もあるが、プロで鍛えられ最低限守られればOK

打力メインなので外国人とのポジション争いに勝てれば。

メリット:実績、経験申し分ない

デメリット:外国人とのポジション争いは高ハードル

ハズレ1位で競合する可能性もある。

*社会人野球選手はプロ志望届提出の義務はない。

大学生から2名予想

大卒で外野手と内野手をバランスよく補強したい。

内外野ともにレギュラー陣の層は厚くなってきているので、強みを生かし差別化できる人選とした。

森下 翔太(中央大)外野手 右打者 22歳

ドラフト上位候補

ベイスターズファンらしいのでぜひ獲得してほしい。

外野手は打力をもとめられるポジションなので、強打を買っての選出。

足も速く、守備も良い。

メリット:打力を活かせば即戦力の期待

デメリット:現状外野陣は揃っているので埋もれてしまう可能性も

山田 健太(立教大)内野手/外野手 右打者 22歳

一、二、三、外野の複数ポジション守れるマルチプレーヤー!

ドラフト上位候補

ユーティリティ性は武器になる。

西部ライオンズの外崎選手のようなポジションを作れる可能性高い。

総合的に優れた選手としてほしい。

メリット:複数ポジション守れる

デメリット:ドラ1で消える可能性も。ウェーバーでも不利かも。

*9月5日プロ志望届提出!

高校生から2名予想

注目のドラフト候補!

浅野へGo!をしてくれたら100点満点のドラフトと評価したい。

それほどの逸材にアタックせずに、一本釣りに逃げるのだけはやめていただきたいと本気で思う。

高校生は進学、社会人への進路もあるので、予想が難しい。

プロ志望であろう2人なので、活躍してほしい。

もちろん我がチームで。

浅野 翔吾(高松商)外野手 右打者 18歳 

ドラフト1位候補!

競合覚悟で指名してほしいNo1。

甲子園での怪物ぶりも記憶に新しい『令和の怪物』高校通算67発!

バッティングに注目されるが、強肩と俊足も鬼レベルで搭載。

まじで1位で交渉権獲得でリーゼントガッツポかましてほしいと願う!

デメリット:間違いなく複数球団競合する。確実に1位でしか無理。

*9月7日プロ志望届提出!

内藤 鵬(日本航空石川)内野手 右打者 18歳

高校通算53発のパワーヒッター!

場外弾を連発するロマン砲であり、ハマスタなら

ドラフト下位で指名できれば。

背筋力200㎏、スイングスピード161㎞は化け物で草。

右打者三塁手で伊藤ゆがトレード移籍で宮崎の後釜候補で獲得してほしいと願う。

*8月29日プロ志望届提出!

2022横浜DeNAベイスターズ ドラフト予想 野手のまとめ

検討したドラフト候補のまとめ

わが横浜DeNAベイスターズに迎え入れたい候補を勝手にならべてしまいました。

野手予想は投手よりも難しく感じた。

目玉は浅野君に行くか?の1点である。

個人的願望でしかないが、獲得できれば向こう10年は安泰になる可能性が高い。

レギュラー陣も脂がのってきているので今すぐ困っているわけではないが、スター性もあり森、浅野、小園選手らで

黄金時代を築いてほしいと願っている。

1位で浅野君を競合覚悟で行ってくれれば100点満点のドラフト。

予想でもなんでもなく希望になってしまった。

以上。

今回記事作成の引用元:ドラフト選手はドラフト・レポートさんのブログを参照させていただいております。

(ドラフト中継最後まで放送はスカパー!)

プロ野球ドラフト会議とは

1965年に開始されたプロ野球ドラフト会議。

日本野球機構(NPB)主催にて毎年10月に開催される。

正式名称は新人選手選択会議である。

新人選手選択会議規約に基づいて、新人選手との契約交渉権をNPB各球団に振り分けるものである。

契約交渉権を獲得するだけなので、契約拒否もあり得る。

過去にも意中の球団からの指名ではないため拒否して社会人野球へ進んだ選手もいるので、交渉権の獲得であって入団がドラフト会議で指名=確定ではないことは理解しておくこと。

ドラフト会議で指名できる選手

  • 日本国籍を持っている
  • 日本の中学・高校・大学および準ずる団体いずれかに在学経験があること
  • 翌3月に卒業見込みであること
  • 学生はプロ志望届を提出していること
  • 社会人野球選手は高卒入部は入部後3年、大卒入部は2年を経過していること

一般的には高卒、大卒、社卒に大別される。

独立リーグは社会人野球と同等の扱いであるが、高卒でも在籍1年から指名可能となる。

社会人野球選手・独立リーガーはプロ志望届提出の義務はない。

社卒・独立リーガーは本人の意思とは関係なく指名されるサプライズもあり面白い。

近年ベイスターズでは寺田投手の指名(独立リーグ)があり、指名の瞬間「えっ?!おれ??」という反応が記憶に新しい。*寺田選手は退団しています。

選択会議の選択方法

  • 各球団は獲得を希望する選手がいなくなった段階で選択の終了を宣言し、それ以後の指名に参加することはできない。
  • ウェーバー方式で用いられる「球団順位の逆順」とは、会議1週間前におけるペナントレース順位の逆順(最下位球団が1番目となる)となる。セ・パ両リーグの同順位球団の先順については、以下により決定する。

(2014年まで)

  1. 会議開催年度のオールスターゲームに勝ち越したリーグ
  2. 1.で決定できない場合[2]、会議開催年度のオールスターゲームの得失点差が優位のリーグ
  3. 1.2.で決定できない場合[3]、抽選

(2015年から2018年まで)

  1. 会議開催年度のセ・パ交流戦に勝ち越したリーグ
  2. 1.で決定できない場合、会議開催年度のセ・パ交流戦の総得失点差が優位のリーグ
  3. 1.2.で決定できない場合、抽選

(2019年から)

  1. セ・リーグとパ・リーグ1年おきに変更(2019年はセ・リーグ、2020年はパ・リーグ)
  • 1巡目は入札抽選である。つまり、参加する全球団が同時に選手を指名[4] して、指名が重複した場合には抽選を行う。抽選に外れた球団については、抽選に外れた球団のみで再度入札抽選を行い、全球団の1巡目指名選手が確定するまでこれを繰り返す。
  • 2巡目は「球団順位の逆順」にウェーバー方式で選択。
  • 3巡目は2巡目と反対の順番(逆ウェーバー方式)で選択。
  • 4巡目以降は、ウェーバー方式と逆ウェーバー方式を交互に行い、すべての球団が選択の終了を宣言するまでこれを続ける。ただし、指名選手の合計が120人に到達した場合は選択の終了を宣言していない球団があっても終了する(例えばある巡目において指名続行球団が3球団残っている場合、その時点で指名選手の合計が118人(上限到達まで残り2人)であれば、そのうちの指名順上位2球団までしか指名できない[要出典])。

引用元:Wikipedia

育成選手選択会議

選択会議で指名選手が120人未満であった場合に選択会議終了後に行われる。支配下登録選手ではなく育成選手の獲得を目的とした会議である。育成選手選択会議の選択方法

  • 指名する選手がいる球団のみ指名する旨の意思表示をして選択会議に参加する。また、選択する意思表示をしても1人も指名しないことは可能である(実例として、2019年ドラフトにおける横浜DeNAが挙げられる)。
  • ウェーバー方式、逆ウェーバー方式を交互に行い、すべての球団が選択の終了を宣言するまでこれを続ける。

引用元:Wikipedia

戦力外予想はこちら👇

現役ドラフト予想はこちら👇

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

単身赴任2年目の会社員ブロガーです。
単身赴任の悩みと向き合いながら、それでも前を向くことをコンセプトにしています。
ブログでは単身赴任に関する悩み、ひとり暮らしの悩み、働き方の悩みを中心に発信しています。
単身赴任中の方、単身赴任をはじめる方に参考になる記事を書いています。

気楽に遊びに来てください!

コメント

コメントする

目次
閉じる